歯ぎしりは噛み合わせ治療が不可欠

Pocket

睡眠の質が悪いという人は、歯ぎしりをしていませんか?
自分では気づいていなくても、睡眠中に歯ぎしりをしている人は意外と多く、配偶者に指摘されて初めて知る人がほとんどです。一人で眠っているという人で睡眠の質が悪いという人は、一度、レコーダーなどで録画してみてはどうでしょう。

睡眠中の歯ぎしりは、歯や顎関節が削れてしまう大きな要因です。
強い力で噛んでいることから、顎だけでなく首や肩にも大きな負担がかかってしまい、肩こりや頭痛を引き起こしてしまいます。歯ぎしりは無理な力の負担から、歯列が乱れ、噛み合わせが悪くなることから歪みが生じ、様々な部分に痛みや負担を引き起こしてしまいます。

歯ぎしりは、睡眠時の無意識の状態で起こる症状ですので、意識して直すことはほとんど出来ません。歯ぎしりに気付いた時点で、早めに噛み合わせの治療を受けるようにしましょう。歯ぎしりは、噛み合わせを考え歯の高さを合わせ、歯ぎしりによる負担が睡眠時にかからないようにナイトガードで治療することが可能です。

This entry was posted in 噛み合わせ治療が必要な症状. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found